初めての浮気 第二章

トシくんはしゃがみこんで、私の脚の間に顔をつっこんだ。
パンティの上から鼻でこするように、おまんこのワレメをぐりぐりされると、
思わずあえぎ声がもれてしまう。
「あっ・・・やだ・・・そんな・・・。」
トシくんはまるで犬のように鼻をふんふんと鳴らしながら、おまんこの
ワレメでできたパンティの溝を何度も指で往復した。

パンティと脚の境界線を舌でぺろぺろ舐められて、じれったさと恥ずかしさで体が
熱くなる。きっともうおまんこから愛液がたくさん出てるのが、パンティの湿り気でも
匂いでも、トシくんにバレちゃってる。

内もものパンティラインのあたりを熱心に舐めていたトシくんが、パンティに両手を
かけたので、やっと脱がせてもらえるんだとほっとしてしまった。
ずるずるとゆっくりパンティを下げられて、ストッキングと同じように足首で
放置される。 トシくんはぬれぬれになったおまんこを指で左右に開いて、
じっとみていたかと思うと、 ふうっと息を吹きかけた。


「ひゃっ・・・やめて・・・。」
ぞくぞくっとした快感が背筋をぞわっとさせた。
ちゅくっといういやらしい音をさせながら、トシくんの舌が
私のおまんこを舐めはじめた。
こんなにていねいなクンニをされたのはいつ以来だろう。
しかも、洗っていないおしっこ臭いおまんこをひだひだを舌で
かき分けるように熱心に 舐められるなんて・・・。

私はトシくんの舌が敏感な部分をえぐるたびに、悲鳴のような悦びの
声をあげつづけた。
「あんっ・・・ああんっ・・・そこ・・・気持ちいい・・・。」
あんなにウブそうにみえたトシくんは、私の気持ちいいところを的確に舌で
刺激してくる。 そして、舌が与えてくれる快楽が物足りなくなってきた頃、
いきなりずぶっと指が挿入 された。私のおまんこの中に入った中指は
じゅくっじゅくっと愛液をかき出すような動きを 繰り返している。


中指の先がおまんこの奥のいいところに当たるたびに、ちょっとずつ絶頂に
追いやられていくのに、さらに、反対の手でクリトリスをこすられて、もう少しで
イきそうっていうところで止められた。
「やだぁ・・・もうちょっとだったのに・・・。」

おまんこの奥のいいところだけをすばやい指先の動きで刺激され、
クリトリスを やわやわとなでられて、すぐにまたイきそうになる。
ああ、もうイくっていうところで、また手が止まってしまった。


「お願い・・・もうイかせて・・・。」
うずいた体をどうにかしたくて、私は今日会ったばかりの自分よりかなり
年下の男の子に、なりふりかまわずおねだりしてしまった。
トシくんはじれったくなるほどゆっくりとした動きで、先走りのシミのできた
パンツを脱いで、反り返ったちんぽにコンドームをつけ、待ちきれなくて
ひくひくしている私のおまんこに一気に奥まで突き刺した。
「あふぅんっ!」

満足のあまり、今まで出したこともなかったようなはしたない声が出てしまう。
おまんこの中に挿入してからも、私がイきそうになるとちんぽの
動きを止められ、 気がついたときには、
「もっとぉ・・・もっと、おちんぽ奥までちょうだい・・・。」
なんていいながら、自分で腰をふっていた。


我慢させられた分、イけたときには真っ白になるくらい強烈な快感で、
私はセックスの気持ちよさを夫以外の若い男の子に教わってしまったのだった。


  1. 2009/01/02(金) 17:00:26|
  2. 初めての浮気 第二章