体をうずかせ 第二章

私はヤマトのよだれで汚れている自分の指でおまんこを開いて、
「ここ・・・おまんこ舐めて・・・。」
とおねだりしてしまいました。
私の足首にキスをしていたヤマトはちょっと驚いた顔をしましたが、
すぐに私のおまんこを舌でぺろりぺろりと舐めてくれました。
ゆっくりとアナルからクリトリスまで舐め上げるように舌を使ったり、
ちろちろと早く小刻みに舌を動かしたり、じっくりと大好物を味わうように
ずっと舐め続けます。
クリトリスを細かくやさしく舐められ続けて、私は軽くイってしまいました。
一度イったクリトリスを続けて舐められていると、気持ちいいけど
ツラい感じになってきて、
「お願い・・・指、指でしてぇ・・・。」
とさらにはしたない要求をしてしまいます。
ヤマトはよだれと愛液でびちゃびちゃのクリトリスを指でこりこりといじり、
「これでいい?」
とききます。 敏感になっているクリトリスをさらに指でいじくられて、
おまんこの奥がきゅんきゅんとなりますが、快感が強すぎて、
おしりで後ろに逃げようとしてしまいます。
「ああ、もしかして、こうかな?」

ヤマトのごつごつした指が膣にぐいっと奥まで押し込まれて、
身動きが取れなくなりました。
おまんこの中のクリトリスの裏の一番感じるところとクリトリスを
ダブルで攻撃されて、私は感じているのかツラいのかわけが
わからないくらいの快感であえぎまくりました。
「やだぁ・・・もういやぁ・・・イイっ・・・。」

イってもイってもいいところを刺激され続けると、イきすぎて
もういやっていう感じになって、何も考えられません。
「いやなのかイイのかどっちなのかな?」
「もうちょうだい・・・入れてほしいの・・・。」
指でおまんこに与えられる快感が強すぎて、私は助けを求めるように、
ちんぽの挿入をせがみました。
「うーん。もう?まだミユキさんの体、さわっていたかったんだけど・・・。」
挿入まで何時間かけるつもりなのでしょうか。
すでにあえぎ声がかれて、ハスキーボイスになりかかっている私は、
必死でねだりました。
「お願い!もう待ちきれないの・・・あなたのおちんぽ入れて・・・。」

やっとヤマトはちんぽにコンドームをつけて、ゆっくりとおまんこに挿入しました。
長時間の愛撫でじらされきっていたおまんこはちんぽに
大喜びでまとわりつきます。
「キツ・・・けっこう指で拡げたつもりだったのに・・・足りなかったかな。痛くない?」
ややおまんこを押し拡げる感じで入ってくるちんぽは、
まさにジャストフィットで、気持ちよくてたまりません。
「んん・・・気持ちいい・・・すごく・・・いい・・・。」

うっとりとしている私の唇に、ディープキスをしながら、ちょっぴりちんぽを
引き抜いてはまた奥に押し込んでいるヤマトは、ものすごく真剣な顔をしています。
「なじんできたみたいだから、ちょっと乱暴に動くよ。」
宣言通り、ちんぽを限界まで抜いては奥までずんっと突かれたり、
ものすごく高速で動かれたりして、私の口からはあえぎ声しかでません。
「や・・・あ・・・んんっ・・・ああっ・・・。」

足を限界まで高く持ち上げられて、奥をこすられるようにちんぽを動かされて、
私はイってしまいました。
私はもうおなかいっぱいなのに、ヤマトはなかなかイってくれず、
ヤマトがイったときには、動けなくなるくらいダルくなってしまいました。
呆れるくらいこってりとしたヤマトのセックスは、一週間もすると私の体をうずかせ、
気がつくと私達はラブラブカップルになってしまっていたのでした。
  1. 2009/01/06(火) 17:58:26|
  2. 体をうずかせ 第二章