コスプレに 第二章

「ふーん。じゃあ、お姫様の汚らわしいところをみせてもらおうかな。」
キャミソールドレスに手をかけたタケシは、びりびりと引き裂いた。
パンティも脱がされて、裸よりいやらしい姿で立たされた私は、
アナルにローションを塗られて、浣腸器を差し込まれた。

生温かい浣腸液がアナルから腸内に入ってきて、
ぐるぐると音を立てている。
アナル栓をぐりぐりと押し込まれて、私は悲鳴をあげた。
「こんなのありえない!早く手を解いて!」
おなかが苦しくて、もう演技してる余裕はなかった。
「お願い・・・許して・・・トイレに行かせて・・・。」

タケシは必死で懇願している私の顔を至近距離でみつめながら、
おまんこに指をのばした。
「こんなにおまんこびちゃびちゃにして、許してはないだろ。」
おまんこに中太バイブを押し込まれて、ますますおなかが苦しくなる。
苦しくて、気持ちよくて、おかしくなりそう・・・。
「クリトリスにもローターをあててやろうな。イったら、アナルを解放してやる。」
今にもアナル栓から飛び出しそうなくらい、熱いものが腸内に渦巻いている。

クリトリスにローターを押し付けられて、おまんこにバイブを咥え込まされて、
右の乳首をちゅうちゅう吸われて、私は頭が真っ白になるくらいイってしまった。
「はあっ・・・はあっ・・・イきました・・・。」
「イく前に、ちゃんといわなくちゃ、わかんないだろ。」
今度は左の乳首をしゃぶられて、おまんこに咥え込んだバイブを
激しく出し入れされると、私はすぐにまたイきたくなって、
「イきますっ!イっちゃいますぅっ!」
大きな声で叫んだ。
おまんこからバイブが抜かれて、代わりにタケシのちんぽが入ってきた。


イく直前にちんぽを挿入されたせいで、私のおまんこはひくひくしながら、
タケシのちんぽをしめつけてしまう。
軽くイったものの、全然物足りなくて、私はタケシがちんぽを
動かしてくれるのを待った。
おなかの痛みもひどくなってきているし、早くアナル栓を取ってほしい。
「イったみたいだから、約束通り、アナル栓を取ってやるよ。」
「イヤ!ここでアナル栓を取られたら・・・。」
タケシの手は容赦なく、アナル栓を抜いてしまった。
タイル張りの床に、びちゃびちゃと私の排泄物が放出される。
脱糞している顔をじっとみられて、恥ずかしさと興奮で涙がにじんだ。


下半身を排泄物まみれにしたまま、タケシに駅弁のような体位で
両足を抱え上げられ、ずんずんとおまんこの奥を突かれると、
気持ちよくて蕩けてしまいそうで、口の端からよだれがたれた。
「淫乱なお姫様!これからじっくり調教して、俺の性奴隷にしてやるよ。」
タケシに耳元でささやかれながら、私は何度もイった。


実際、こうやって、コスプレエッチでちょっとずつ調教されて、
タケシ以外の男の人とセックスしても、イマイチ満足できない私は、
すでにもうタケシの性奴隷なのかもしれない。
  1. 2009/01/08(木) 17:59:17|
  2. コスプレに 第二章