オナニー飽きた 第一章

オナニーばっかりしてるのに飽きたので、出会い系で
また男を捜すことにした。


「すぐヤれて、後腐れなくて、しっかり避妊してくれるガテン系の
マッチョな男の人いませんか?」


と書き込みしたら、マッチョな人からもそうでない人からも、
たくさんメールがきた。20代後半から30代前半に絞り込んで、
すぐに会えそうな男に返信する。

顔と勃起したちんぽの写メを送ってほしいと書いたら、
半分くらいの男がちゃんと写メを送ってくれた。
一番たくましい感じで、ちんぽが大きそうな男を選んで、
これから会いましょうとメールすると、国道沿いのファミレスで
拾ってくれることになった。待ち合わせたファミレスに向かうと、
途中でトラックにクラクションを鳴らされた。
振り返ると、写メ通りの精悍な男が運転席でにやけている。


「ミユキちゃん?俺、タクミ!とりあえず、隣に乗って。」


トラックの運転手さんだけに、ムキムキの筋肉と男っぽさがたまらない。
日に焼けた浅黒い顔も、汗臭い感じもすごくよかった。
誘われるままに、トラックの助手席に乗り込んで、
ラブホテルに向かってくれるのを待った。
「ミユキちゃんはオナニーとかする?」
運転しながら、タクミがいきなりきいてきた。
「うん。今、彼氏いないから、けっこうオナニーしてるかも。」
どうせ今日限りの関係なので、私は赤裸々に告白した。


「なら、そこでオナニーしてみせてよ。」
ラブホテルに着くまでヒマだし、オナニーしておまんこをほぐしておけば、
すぐにちんぽを入れてもらえるかと思って、私はオナニーすることにした。
スカートをまくりあげて、パンティに手を入れて、
自分の指でおまんこをいじる。恥ずかしさと興奮で、
おまんこがみるみる濡れてきて、愛液が指に絡み付いてきた。

「パンティ脱いで、足開いてくれないと、よくみえないよ。」
「えっ、でも、外からみえちゃうし・・・。」


タクミは私の膝に大きな手をぽんと置くと、
「大丈夫だって。トラックは車高が高いから。ね!」
あっさりいった。
渋々パンティを脱いで、少し足を開くと、ちょうど信号待ちで停車した。
「そんなおしとやかな開き方じゃなく、こうやってM字開脚してみせて。」
ぐいっと足を持ち上げられて、座席の上でM字開脚させられた。
おまんこがぱっくり開いて、丸見えになってしまう。
「やだっ!こんな・・・恥ずかしいよ!」
「オナニーしてればみえないから、早くオナニーしなよ。」


にやにやと笑っているタクミの目が欲望でぎらついていて、
私は逆らえずにオナニーを再開した。
右手の人差し指でクリトリスをいじりながら、左手の中指を
膣口からゆっくりと中に入れる。
興奮しているせいか、おまんこが愛液でぬるぬるになっていて、
すんなり指が入ってしまった。
「ほら、もっと指を増やして。よーくおまんこほぐさないと、
俺のちんぽ入れたとき、痛いよ?」


確かに、写メでみたタクミのちんぽはかなり大きかった。

>>続く
  1. 2009/01/09(金) 20:02:59|
  2. オナニー飽きた 第一章